読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンション管理士は玉石混淆

 

管理会社との情報格差や知識格差を埋める手段として、マンション管理士の採用を検討している管理組合も多いのでないかと思います。

しかし、マンション管理士の採用には注意が必要です。マンション管理士は管理組合に対するアドバイスをその仕事としていますが、近年新しくできた資格で、同じ士業でも弁護士や会計士のようには、その社会的な地位は確立していません。

研修制度も十分に確立しているとは言い難く、個々のマンション管理士によって、その経験や能力にはかなりのバラツキがあります。

管理組合の立場にたって、管理会社と対峙してもらうために採用したつもりのマンション管理士が、安易に管理会社に迎合して、返って逆効果になってしまったというケースもない訳ではありません。

実際問題として、マンション管理士として生計を立てられている人はごく僅かで、多くのマンション管理士は資格を取得して仕事を始めても、うまくいかずに数年で廃業してしまうとも言われています。

マンション管理士の中には、仕事を得ようとして、無理な営業をする者もいます。マンション管理士の採用にあたっては、その人の経験や能力などを十分に見極める必要があります。